弊社では、バッテリー駆動式の垂直昇降型高所作業車を積極的にお勧めしてきました。

タイヤ式の6m及び4mをメイン機種とし、お客様に好評をいただいていました。

しかしながら、お客様からの工事現場によっては次のようなフィードバック&リクエストをいただくことがありました。

「6mでは少し大きすぎる、かといって4mでは物足りない...」

……そんなお声にお応えして、最新型の高所作業車4.5mを導入しました。

従来の4mの高所作業車と0.5mしか変わらない…そんなことはありません!

「ちょうどよい高さ」の4.5m

実際の設備工事、シャッター工事では6mまでの大きさが必要ないことが多いと伺っています。
小回りが利いてちょうどよい高さの4.5mがお勧めです。

重量・バランスの見直しにより、安定性も強化しました。

スライドデッキ搭載

従来の4mでは、スライドデッキが無くコーナー部分の作業時に「ちょっと届きにくい」ということがありました。

この最新型4.5mではスライドデッキ搭載で、拡張部分115kgまで対応していますので、隅から隅まで手が届きます。

コンパクトデザインで現場配達料金もコンパクトに

6mは2台配達する場合には4トン車が必要ですが、4.5mはコンパクトなサイズなので2トン車で2台の配達が可能です。

つまり、現場配達料金がますますお得になります。


詳しい説明およびお問い合わせについては【高所作業車4.5m】カタログページをご覧ください。

すでに多くのお問い合わせをいただいております。ご利用をご検討の際はお早めにお問い合わせください。在庫がない場合は6mにて対応させていただきます。